--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-14

西遊記感想(L)

今回はずっと笑ってました。
孫悟空と猪八戒のコンビが意外とおいしかった。
今回の孫悟空は凄く悪ガキで、猪八戒も意思が弱くて、沙悟浄に本気で同情した。(ラストで同情もあっけなく消し飛んだが)
凛々は何にでも詳しすぎて怪しい。敵のスパイか何かだよ、絶対。
そして、今回の鶏妖怪。鶏冠がよくできていて笑わせてくれました。もう、なんていうか、シリアスなシーンでも鶏冠が気になって気になって…
お涙頂戴なセリフで孫悟空が鶏を弁護してましたが、あれは現代で言うところの立派なストーカーです。思い込みとか勘違いとかであんな怖い目に遭わされたら、それは誰だって怒るよ。むしろ、最期に同情を示した姫様は優しい方だと思う。
老子と沙悟浄のコンビは良かった。どんな店に行ったか丸分かりだ。
スポンサーサイト

theme : 西遊記
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。