--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-28

西遊記「時の国」(L)

またの名を総集編といいます。
とはいえ、総集編にありがちな登場人物たちが「ああ、こんなことあったなあ…」とか「思い返せば…」なんていう展開ではなく、肝っ玉を紅孩児に抜かれた孫悟空を救うため、沙悟浄と猪八戒がキトキトの壷をつかって過去へと紅孩児を追いかけていくという一風変わったストーリー展開です。
肝っ玉を抜かれて繊細で臆病になったいい悟空がもう、鳥肌物です。
ああキモかった(笑)しかし、暴れん坊だからって普段の孫悟空を悪い悟空といってのける三蔵法師とその愉快な仲間達はさすがです。
今回も悟浄と八戒のコンビがいい味出してました。ギャグ担当です。
紅孩児はなんというか、キちゃってるファッションでした。触覚も爆笑度では鶏の鶏冠に一歩かないません。
凛々の謎も匂ってきましたね、大方、紅孩児と同じ主君に仕えるスパイかなにかでしょう。
そして、今回最も輝いていたのは二人に増殖した孫悟空……ではなく、男前な三蔵法師でした。
スポンサーサイト

theme : 西遊記
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。