--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-06

西遊記「花の国」(L)

もはや国でもなんでもない気がする。

今回のMVPは混世魔王でした。
かっこいい!今までの敵の中で一番敵らしく、敵としての威厳に満ちていました!
今回は悟空が敗れて、もっと後々までひいて最終話かその一話前で悟空たちが雪辱戦を図るとかだったら燃えたんですけど…
今回であっさりつかまってしまうにはあまりに惜しすぎる存在感のある悪役でした。
ミッチーも違う意味で存在感あったけど、アレは一話でいいや(笑)
今回もさりげなくいい話、お母さんがいい人すぎてたまりません。
三蔵の母親の殺された理由がいすに似合う衣を探すためというのがこの世界での一般的な妖怪の人間観をあらわしているんでしょうか?
人間がじゅうたんにするために生き物を殺すのと同じですね。
三蔵が混世魔王を憎んだように殺されていく生き物も人間を憎んでいるという風刺…というのは読みすぎか。
かつての沙悟浄の人間への憎しみを語るときにこのエピソードが絡んでくるかと思ってたんですが、深読みしすぎでした。
そしてそして!凛々!やっぱり「あの方」って言うのは凛々しかいないでしょう!
凛々絶対なにかあると思っていたもん!
次回は、孫悟空が凛々を横抱き(お姫様だっこ)!!
スポンサーサイト

theme : 西遊記
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。